パソコン事始・その1(MSX)

 今日も学校にいるのだが、パソコンをまともに勉強するのは、これがはじめてだ。

 私が高校3年の頃、はじめて「パソコン教室」という部屋ができたが私たちは利用しなかった。あれは何なんだ・・・と思った。
 大学では情報処理棟でパソコン利用(ネット接続可)が開放されていたが、私の学部では全く使わず、単なるワープロかちょっとしたゲーム遊び程度に利用する程度だった(ちなみにワープロソフトはWord6.0。95の前バージョンだったと記憶している)。インターネットが普及する直前の頃、10年前の話である。
 今回は、そんな「新しい話」ではない。さらに昔、1985年に遡ってみる。



 当時、家には英文タイプライターがあり、父親がやっているのを面白そうに見ていたので、実際に私もタイプのみやっていたのだが、やっぱりパソコン(当時はマイコンと呼んでいた)がほしい、とずっと思っていた。ファミコンは家族の性格から「買ってもらえないだろう」と察していたし、一方で、高価だったマイコンなどとても購入してもらえないだろう、と殆どあきらめていた。
 ところが正月早々、父が「パソコンを買う」と言い出した。よほど私の念力が通じたのか。父・姉・私がそれぞれ金額を負担して購入した。何で買うことになったのかは覚えていない。今でも不思議。ではその驚くべきスペックを紹介。名前は現在に併せてある。

 
c0004895_1252080.jpg


National:CF-2700
OS:Microsoft X、通称「MSX」(MSX-BASIC)
CPU:Z-80A(速度・約3.6Mhz)
ディスプレイ:家庭用テレビに接続して使用(ファミコンと同じ)
標準価格:59,800円

・・・

 段々マニアックな話題になってくるので詳細はとりあえず割愛するが、現在との比較でアピールすべきは

・ハードディスクなどという便利な記憶媒体はついていなかった。
・記録媒体(殆どが外付け)はなんと「カセットテープ」が主流。これをデータレコーダと呼んだ。
写真だなんてとんでもない。同時発色で16色が限界、しかも混色不可。
音楽だなんてとんでもない。昔のケータイと同じ3和音、しかもださい。
・しかし家庭用互換性PCとして低価格で家電各社から販売されてそれなりに売れた。

・・・書き出すととまらない。もといマイコンこそが私のパソコンライフのはじまりである。
どんなふうに活用されたのか、また追々。そんなのばっかだな(泣)
[PR]
by lidth-s-jay | 2005-01-11 13:15 | 流行