コンピュータ打ち込み音楽と私(1)種ともこ

c0004895_1171434.jpg 私は小学生の頃(1985年以降)コンピュータに触れて以来、音楽もピコピコした感じのものが好きだった。当時の言葉で言えば「テクノ」だが、全面に出ていなくても「音楽の中心にコンピュータを使っている」というだけで、とりあえずかじってみる、というふうに。
 そうなると必然的にYMO(イエローマジックオーケストラ)およびその周辺をはじめ、TMネットワーク、PSY・S(サイズ)などにスタタタ・・・と足が向くのだが、その中にあって私のシークレットポケットに入っていたのが種ともこだった。




 写真は1989年発表のアルバム「OHAYO」。Macintoshによる打ち込み音楽×種ともこの「やんわりのほほん」な雰囲気。矢野顕子の毛並みが入ってるのかな?と思いつつ、もっと引きこもり的デジタルだった(実際はアフリカ旅行など冒険志向だった様子)。むしろ全部自分でやってしまう職人気質は「山下達郎」に近いのかもしれない。
 密室性が高すぎた為、シークレットポケットに入ったままそのまま忘れてしまった、という「なんちゃって好き」だったのだが、初期打ち込み型ミュージシャンとしては個人的に外せない。のでここに残そうって。
 どっちにしろご存知な方も多くないような気もするのだが、下のサイトでご確認いただければ、と思う。
公式サイト「WEEDY MOODY」
 なお、現在も何かしら活動しているらしく(オタ系アニメの歌を担当、など)、上記サイトの新着情報もちゃんと更新されてある。アルバムは昨年のが一番新しい様子だが、ライブなどへの参加は精力的である。
 ちなみに、このサイトに「人生逆相談」というコーナーがあり、種本人が問いかけし、一般ユーザーに(メールで)答えさせ、その一つ一つに歯に布着せぬ言葉で批評している容赦なし。まあそれが魅力といえばそうなのだが、はっきり言って怖い。
 瑠璃カケスも「金銭感覚」の項目で参加し、見事疑問符を投げかけられました(泣)まあ、ご覧アレ。
[PR]
by lidth-s-jay | 2004-12-09 11:39 | 音楽・芸能