c0004895_1738989.gif

 1993年の一連の「再生」は、商標上の問題でYMOの上に大きな×がつけられた「not YMO」というプロジェクトだったが、どうやらメンバー自体も惰性と言うか、やる気がなかったように感じられた。坂本龍一の後の著作「音楽は自由にする」にも、当時、坂本と細野・高橋の二人の間で方向のズレがあったことを語っていた。
 実際、再生YMOの活動はアルバムとこのライブだけで終わった。ライブを聴きに行った僕も、すぐに熱は冷めた。「昔を懐かしむことは虚しいことだよなあ」と思い知らされた。

 しかし、それから10数年以上経過した2007年(平成19年)、それまで「ヒューマンオーディオスポンジ(HAS)」という別名ユニットで散発的に行動していた3人が、横浜でいわば「本格的な」ライブを行った。その時には「以心電信」「ONGAKU」「RYDEEN」など、以前は取り上げなかった曲も演奏された。新曲として映画「エクスマキナ」で使われた「RESCUE」も演奏された。
c0004895_17404735.jpg

 またも個人的な感覚ながら、以前私が観にいったドームのライブよりも、このパシフィコ横浜で催されたHASのほうが断然魅力的にみえた。これだったら、観にいきたかったなあ・・・と、羨望と少し悔しい気持ちで、テレビでのライブ番組を楽しんだ。

 YMOのあと、私がライブとかコンサートに足を運んだのは2回だけ。
 「ライブに期待してはいけない」という教訓のもと、それでも行ったコーネリアスのライブには雰囲気についていけず、一方、矢野顕子のコンサートはCDと同じ音がして安堵した。
 次にライブに行くことは、ちょっと考えられないけれど、できれば思い出に残る演奏を楽しめないものか、とちょっと寂しげに、それでもやはり思い出すのである。(おわり)
[PR]
by lidth-s-jay | 2013-05-28 20:30 | 音楽・芸能

c0004895_17283475.jpg

 1993年6月10日、土曜日。
 池袋駅周辺のビジネスホテルに到着後、水道橋駅に降りたのが、確か4時ぐらいだったと思う。梅雨のさなかだったがこの日は晴れていた。
 東京ドームが近づいてくると、ダフ屋があちこちにいて「チケットを売る」「買う」と呼びかけていた。このライブは全席指定で6,500円だった(と思う)。チケット相場がいくらだったのか今となっては知る由もない。
 ドームの外でもグッズを売る人たちがいた。私もそこでキーホルダーとか手ぬぐいとかを購入した。妙に安かった。よくみたら公式のロゴマークより斜体になっていた(YMO、というように)。ドーム内部のグッズショップで購入したものと比べて、「(外のショップモノは)偽物だったのか」と気づかされた。買った偽物は・・・後日適当にお土産として誰彼に渡した。有り難がられたので少し心が痛んだ。

 アリーナの後方右側席について見廻すと、意外に女性客が多かった。というか、私もそうだが全盛期にYMOを聴いていたとは思えない世代の人が目立った。名前は忘れたが大相撲の幕内力士がいた。

 やがて前座(The Orb)の演奏がはじまった。今回のYMOのアルバムと同じくアンビエントな曲が続いた。最初は盛り上がったけど、長くてだるくなった。
 前座が終わったあとも長い休憩があった。
 そういえば曲目はパンフレットに発表されていたが、予想通りと言うか期待はずれと言おうか、殆どがアルバム「テクノドン」の曲であった。これは・・・もっとだるいぞ、そう思いつつも「それでも途中でいろんな曲が挟まれるかも」などと期待を捨てていなかった。

c0004895_17304249.gif


 結局期待だけで、昔の曲は「BEHIND THE MASK」「中国女」「CASTALIA」、あとアンコールの「東風」「FIRECRACKER」ぐらいだった。あと「RYDEEN」がさわりの部分だけ演奏された。
 当たり前と言えばそれまでだが、とにかく「テクノドン」の曲には退屈なものが多くて(個人的にまともに聞けたのは「BE A SUPERMAN」と「HI-TECH HIPPIES」だけ)、特に後半の「WATERFORD」など、殆どの観客がポカーンとしていた。最初は立っていた客も、だんだん座ってポカーン。昔の曲とそれ以外の時の客の温度差は、すごかった。
 ライブが終わり、三鷹方面行きの電車に乗ると、同じく水道橋から乗ってきたライブ客も多くいた。昔のYMOシャツを着たオタクっぽい人が熱弁していたが、彼にとってこのライブは満足できたものだったのだろうか。(続く)
[PR]
by lidth-s-jay | 2013-05-28 20:10 | 音楽・芸能

 今年が2013年(平成25年)なので、1993年(平成5年)は、既に20年が経過している・・・と改めて書いても、ピンとこない。
 何も資料等を見ずに答えられる1993年の出来事と言ったら「自民党が下野し連立政権が誕生した」ぐらいである。あとは・・・北海道で大きな地震(津波?)があったとか。今思い出したがJリーグもこの年だ。ジュリアナブームは違うか?この辺は後で確認することにしよう。

 もう一つ、確かな1993年の出来事があったのを覚えている。というか体験した。
c0004895_17224750.jpg

 坂本龍一・高橋幸宏・細野晴臣が1978年から1983年まで一緒になって活動していた「イエローマジックオーケストラ(YMO)」が再結成(再生、と呼んでいた)、アルバムの発表とライブを敢行した。
 東京ドームで2日間行われたライブ、その初日に私も行ったのだ。1993年の6月のことである。

 大学の先輩がライブチケットの優先購入ハガキを譲ってくれた。投函したとしても抽選だったかもしれないが、結果チケットを購入することができた。私にとって、これが人生初のライブ体験となった。初ライブが東京ドームとは、我ながら敷居を高くしたものである。地元(名古屋など)でもいろいろ興味のあるライブ等あっただろうに。
c0004895_17244763.jpg

 ライブ前に発表となったアルバム「テクノドン」も買った。聴いた。「??」だった。
 YMOと言えばテクノ、あのピコピコとしたコンピューターミュージックである。確かに「テクノドン」もテクノといえばテクノだしピコピコしてるようにも聴こえるが、テクノというよりはハウスミュージックにアンビエントを混ぜたような・・・詳しいところはともかく「あんまり興味のない」音楽で占められていた。不安になった。あーライブでもこんな退屈な音楽ばかりやるのかなあ、と。
 一方でせっかく再結成したことだし、待ち望んでいたファンに応えて「往年の名曲」もいくつか披露されるはずだ・・・という期待も、勿論持っていた。
 
 いろいろな思いを混ぜこぜに、新幹線で東京へと向かった。(続く)
[PR]
by lidth-s-jay | 2013-05-28 20:00 | 音楽・芸能

 なんと2年ぶりのこのシリーズである。しかも、PSY・Sについては1年前に「そろそろ書く」と綴っておいて、そのあと見事に放置。・・・まあ、この辺にしておこう。
 その分、あまりにも内容が主観的過ぎて怖い部分もあるので、今回はいきなり「続きを読む」でご覧いただきたい。

続きを読む・・・>>>>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-11-22 09:13 | 音楽・芸能

 ネットをうろうろしていたらこんなのが見つかったので。「FM STATION」のインデックスカードらしい。ああ、このデザイン・・・。

c0004895_20555777.jpg

[PR]
by lidth-s-jay | 2006-09-18 20:56 | 音楽・芸能

 FMラジオの項を書いた際もそうだが、いずれカセットテープ(以下、カセット)について触れなければと思っていた。私のガッコ時代を支えるキーアイテム。実に安いキーアイテムだ。
 カセットはラジオ番組など放送を録音する他に、実際の私たちの声なども録音できた。私の解釈では「音楽用」と「自分ら用」の、二つの使い分けがあると考えている。
 今回は、主に音楽用としてのカセットについて振り返ってみたい。
 カセットの細かいあれこれを書き出すと読んでいただいてる方々を全く無視しそうなのでその辺は注意したい。まあ今回の話に限らないんだが・・・。


 各地、各販売店により取扱商品が限られていた頃もあって、またデザイン、用途などの好みもあったのだろう、実にいろんなメーカーからいろんなタイプのカセットが発売された。しかもパッケージやら性能やらが頻繁にチェンジされていた。なのでご覧の皆様もそれぞれいろんなタイプのカセットを利用されていたのではないだろうか。
c0004895_1643764.jpg
 私が最初に使ったのはこの「マクセルUDⅡ」である。高音域がキレイに聞こえていて好きだったのだが、滅多に手に入らなかったのかお金がなかったのか、それほど利用しなかった。
c0004895_18162888.jpg
 カセットといえばTDK、という方も多いかもしれない。私はこの中でARやAR-Xが好きだった。何が好きなのかって書くとそれこそ細かくなるので省略。
 

 このままグダグタとカセットの一つ一つを取り上げても仕方がないので、ひとつだけ。
c0004895_18171194.jpg

 ソニーの「MetalMaster」。これはカセット本体がセラミックで出来ていた最上級モデル。60分テープが1,500円以上もした。私も1本買った覚えがあるが、ラジカセで使用していた。巨大液晶テレビで囲碁番組を見るぐらいゼイタクで無駄な使い方である。


 カセットには「ノーマル」「ハイポジション(クローム)」「メタル」という3つのタイプがあって、一般的にメタルが一番音質が良かった、と聞いている(値段もそれなりに)。あと、ハイポジはテープのヘッドを早く消耗させるという話も聞いたがどこまで真実かは定かではない。
 テープを使い続けているとだんだん生意気にも「メタルじゃないと駄目だね」と思うようになり、それ以降メタルしか買わなくなった、なんてこともあったが、所詮はテープである。

 アナログなので、音楽を録音する際、時間をちゃんと見計らわないと、最後まで曲が入らないという危険が常にあった。
 CDアルバムなどは時間表示がされるので概ね問題はないのだが、シングル曲をごちゃごちゃ入れるとその辺が難しくなる。あと5秒、10秒というところで、録音が途切れると泣ける。録音しながら「あー白いテープ(エンド部分)まだ来るなー!」と心で叫んでいた。
 余談だが、黒ウサギ(妻)はその辺無頓着だったようで、曲の途中で終わったテープを聴いていたようだ。話を聞くと「録音したテープの残り部分にアルバム内の同じ曲を録音する」という、セコいテクニック(?)らしい。仕掛け人は黒ウサギの兄上のようなのでこれ以上の追及は差し控える。

c0004895_18461229.jpg
 収録したカセットを少しでも彩りたくて、市販やFM雑誌の付録の「インデックスカード」を利用した。カセットにおける「ジャケット」みたいなものだ。鈴木英人とかの夏っぽいイラストが描かれてあるやつとか。私は教科書の写真を切り抜いて自作していたこともあった。ざまあみろ教科書。

c0004895_18491246.jpg
 さらにこのカセット、題名を入れる際「レタリングシート」も使った。紙面にシートをのせ、こすって文字をはっつけるやつ。これで「BEST SONG」とか書いちゃう恥ずかしさ。今でもやってる人いるのかな。




 やがてカセットからMDになってからインデックスカードとかレタリングとか、そこまで録音メディアに愛着を持たずに使用してきてきた。そのMDも、我が家においては機械が壊れてしまい今は携帯プレイヤーとパソコンで焼いたCDが活躍している。CDって結構長いな。

 カセットの話、続きはまた後日。まだやるのかよ。
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-09-02 19:00 | 音楽・芸能

音楽の源・FMラジオ

 便利な世の中である。
 音楽配信や試聴、歌詞検索サイトなど、インターネットのおかげで音楽を楽しむ術に事欠かなくなった。テレビでもCSの音楽専門チャンネルを視聴できる。音楽をより身近に親しむ環境は、出来ていると思う。
 しかし、便利さゆえ、「んじゃまあいつでも聴けるし」という安心感およびゼイタクさから、それら情報源を十分に活用しているとはいえないし、その必要性も感じない。
 ホントゼイタクだ。あの頃に比べると。

続きを読む・・・>>>>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-19 14:58 | 音楽・芸能

 このブログでは、瑠璃カケスの第二の故郷(?)である南国の離島について触れることはあまりない。島に移ったのが2003年の夏から、という生活だけに、かつての学校生活と同じような懐かしいという感情を抱くにはもう少し時間がかかりそうである。
 ただ、見方を変えて、南国生活と全く縁の無かった頃を思い起こすと、将来の選択肢としては希薄であったものの「南の島いいなあ行きたいなあ」などと考える時もあった。多くはテレビの映像や雑誌の特集を見ての感想であるが、それらを含めて、南の島生活に魅了された匂いを持ったものが存在した。

 およそ20年前の記憶である。

続きを読む・・・>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-06-10 01:55 | 音楽・芸能

 大げさではない。
 NHKも含めて、すべての番組が終わる際に流れる「終了放送」は、地方局によって様々である。しかし、地域によっては「なんでこんなエンディングを流すんだ・・・」と思えるほど、夢に出そうな悪魔EDを放送するところもある。
 瑠璃カケスが現在住んでいる長野や、以前住んでいた鹿児島ではEDまでテレビを見た覚えがないので仔細は分からない。ただ、最近多くのテレビ放送では放送終了後も通販番組だとか天気予報だとかが流れていて、EDというものに遭遇するのは(深夜に起きることが多くなったのに)稀になっているのも事実である。NHKなどは夜中の放送のほうがまったりとした番組をやっている(映像散歩とか)。

 しかし。生まれ育った東海地方では、深夜で終了する際、とんでもないEDを流す局があった。

続きを読む・・・>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-05-10 01:37 | 音楽・芸能

 音楽、特に洋楽ファンの皆様の中には雑誌「ロッキング・オン」(以下RO)をご存知の方も多いと思う。最近音楽雑誌や音楽評論とは縁遠い私なのだが、中学、高校の頃にはROだとかミュージックマガジン、Player、邦楽ならROジャパン、GB(ギターブック)、PatiPati(パチパチ)、月刊歌謡曲、FMレコパルなどにまみれて育ってきた。その中でもROは特別だった。

続き・・・>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2005-03-30 12:21 | 音楽・芸能