さしみ・体験物語

 私はどちらかというと「食べ物の好き嫌い」が無いほうだ。ゲテモノでなければ大抵は食べられる。敢えて嫌いなものとして挙げるとすれば「カニ」「生牡蠣」「ラッキョウ」「山芋」というところか。これらはできれば避けて通りたいところである。つーか不味いよおえ。
 大人になって、食べられるものが増えたというのも事実である。やはり子供と大人では舌の具合も違う。あんなに嫌いだった納豆や大根おろしも、いつの間にか好物のひとつになっている。
 さて、私的「子供の頃食べられなかったもの」の代表格として、今回は「刺身」を挙げたい。

c0004895_2318741.jpg




 マグロ・イカなどの刺身。今は「たまに食わないと発作が出て死を意識する」ぐらい好きなのだが、子供の頃は食べられなかった。食べて嫌になったわけではなく、そもそも魚を生で食べるのに強い抵抗があったという、外人みたいな理由である。とどのつまりは典型的な「食わず嫌い」なわけだ。
 寿司もそうだ。たまに出前の寿司がやってきて、その中で私が食べられるのはギョク(たまご)とカッパ(きゅうり)の巻寿司だけ。鉄火巻も駄目。食べられないことを家族に告げるとそれはそれは喜んだものだ。「こんな美味しいものを」と言って私の分を食べていた。つくづく酷い話である。てめえ俺様が食えないのを知っててワザと出前取ったんだろと。 

 ともかく見た目が嫌で食べなかった私なのだが、ある日(小学4年生ごろ?)、一念発起して「刺身を食べよう」と思い立った。思い立ったといっても自分で刺身を買ってきて酒の肴にしたわけではなく、食卓に刺身が出た際、食べようという気になったのだ。
 当時、食卓付近には私のほか、姉と、遊びに来ていた親戚の兄弟がいた(合計4名、全員刺身好き)。
 盛り皿には一人前のマグロの赤身とカジキの刺身があった。じゃあこれ食べるよ、と。
 醤油皿に一切れのせ、おそるおそる口に運ぶ。
 ふーん。あ。なんだ。まあまあ美味しいじゃん。
 そのまま2,3切れと続ける。
 
 ・・・見届けていた姉たちの様子がおかしい。私が食べるたびにクスクス笑うのだ。気にしながらも半分ぐらい「美味いんじゃないの?」と言いながら食べたところで、どうやら我慢できなくなったのか、指差してこう言った。
 
 「それ、ソースだよ」
  
 なんとまあ私は、はじめての刺身を、醤油ではなくソースで食べていたのだ。今でも皿に間違えてソースを入れてしまうことはあるが、そのまま食べてしまいしかも気づかないとは、不覚であった。笑いが止まらない姉達の前で呆然としていた私。今では憎悪しか残らない。なんて。

 その後は刺身もフツーに醤油で食べるようになり、「澱みない美味しさ」を堪能できるようになった。食卓に出されても自分の分はきっちり食べた。
 本当は刺身も寿司も今まで食えなかった分返してくれと言いたかった。姉についてはソースつけた分も返してほしかったが刺身に異常な執着心を抱いていることを知っていたので耐え忍んだ。

 余談だが、子供の頃納豆についても嫌いだった私は、給食で「モナカに入った冷凍納豆」で追い討ちをかけられたことがあった。アイスと思い喜んでかじったら中身が納豆って殺すと恨んだ。刺身ソースとは全く逆の体験だが、よくもまあ好きといえるまでに立ち直ったものだ、と思う。


 食わず嫌いなモノは、なおさら美味しく食べたいものである。
 私は無事、生牡蠣を食えるようになるのだろうか。別に食いたかないけどさ。 
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-30 23:24 | 小学校専用

<虫の音>お腹に生息中

 もうすぐ9月、いくら暑い日が続こうとも秋の色が増してくる。
 秋といえばスポーツだの芸術だの文学だのお前USO800もいい加減にしろよと私がほえるまでもなく「食欲」である。いや、食欲だって秋カンケーないじゃんと仰られる方もいるかもしれないがここは黙っていただきたい。
 しかも9月と秋は今回は関係がない。食欲にターゲットを絞りたい。というより食欲の警告ブザー、「腹の虫」について振り返りたい。
 もちろん大人になっても腹が減ったらグゥ~の音も鳴るだろう。ただ、普段は意識しないだろう。敢えて気にするなら会議中などの「人が集まって」「静かな場面」であろう。ただ、こんな私にも会議に出席するような日々があったのだが、私を含めそれを気にしている人はあまりいなかったように思う。
 腹の虫を気にする世代、それはズバリ「高校時代」であった。瑠璃カケスの場合だけど。

続きを読む・・・>>>>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-26 23:03 | 高校専用

こちら宿題相談室

 小中学校の夏休みも残り1週間~10日ほどになった(地域差はあると思います、すみません)。夏の甲子園が閉幕すると、そろそろヒグラシの音が夏の終りと「夏休みの宿題コール」となり残響音を奏でていく。
 そもそも現在夏休みに宿題が出されているのか定かではないのだが、瑠璃カケス幼少のみぎりはたんまりと出ていたし、現在いい大人になってる方々も同じはずだ。もちろん殆ど残っていたし、全部片付いた記憶もない。

続きを読む・・・>>>>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-21 16:23 | 学校全般

音楽の源・FMラジオ

 便利な世の中である。
 音楽配信や試聴、歌詞検索サイトなど、インターネットのおかげで音楽を楽しむ術に事欠かなくなった。テレビでもCSの音楽専門チャンネルを視聴できる。音楽をより身近に親しむ環境は、出来ていると思う。
 しかし、便利さゆえ、「んじゃまあいつでも聴けるし」という安心感およびゼイタクさから、それら情報源を十分に活用しているとはいえないし、その必要性も感じない。
 ホントゼイタクだ。あの頃に比べると。

続きを読む・・・>>>>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-19 14:58 | 音楽・芸能

夏休みあれこれ午後の部

 かつて私は、夏休みを謳歌できたのか。
 たとえば中学はブラス、高校はウタゴエ部と、どちらも部活動に専念していたし、大学はバイトも多めに入れていたので、まあそれぞれに面白い夏ではあったが、逆に何もやることがなかった小学生の頃の夏休みこそ、純粋に休みという時間を過ごしていた、はずである。
 ただ、何もしていないし小学生だった頃から時間も経過してしまっているので、一体どんな過ごし方をしていたのか殆ど忘れてしまっている。

続きを読む・・・>>>>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-14 10:04 | 小学校専用

 それでは輝かしき「腐れ縁延長版」の3名を紹介したい。

続きを読む・・・>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-12 05:23 | 学校全般

 特に引越しを経験せず、同じ町でずっと暮らしてきた方なら、小学校・中学校に限らず、高校まで一緒だった同級生も手で数える程度にはいらっしゃる筈である。私の場合でも、思い出せるだけで10人はいる。多分もっといるだろうけれど控えめに書いてみた。いわゆる「腐れ縁」である。

続きを読む・・・>>
[PR]
by lidth-s-jay | 2006-08-11 05:15 | 学校全般