Shinkansenも修行の場

 東京に行きたい
 新幹線に乗りたい
 それだけのために、1回に往復2万円近い旅費(自己負担)を払って就職活動をしていたことがある。東京の書店、1社に「企業説明会」「人事部訪問」「筆記試験」「1次面接」を受けに行った。全部、日帰り。結局最終面接の案内前に他社の内定が出て辞退することになり、多くの意味で徒労の多かった就職活動だったが、「でも新幹線乗れたし」と、あまり後悔することはなかった。きっとその頃は、就職活動期とはいえ余裕があったのだろう。


 2回目の人事部訪問で新幹線を利用した際、こんなことがあった。5月中旬のことである。

 名古屋駅から乗車し、席に座ってしばらく、僕はるるぶのガイドブックで地図を見ていた(訪問先は確か東京駅~銀座付近だったのでその辺を見ていたと思う)。
 すると、隣の席にいた、50代過ぎの女性が話しかけてきた。「東京へは旅行ですか?」
 いや、就職活動で、と、瑠璃カケス。あと二言三言で会話も途切れるのかと思ったが、女性はズンズン話しかけてきた。なんだこのオバサン。身なりはキチンとしていて、参観日に来る時のうちの母ちゃんみたいな格好。どちらかというとザマス系だが、嫌味な感じは、あまりしなかった。ただ、自分は神戸からやってきた、息子は日産自動車にいる、などなど、それ聞いてどうしたらいいのさと思う話を続けられた。
 「ところで今日の新聞読みました?」と唐突に聞かれ、「??」となっていると、朝日だか日経だかの真ん中ら辺の記事を出して見せてくれた(仮に新聞を読んでいたとしても絶対読み飛ばしているページだ)。内容は第2次世界大戦後のドイツの4カ国分割統治について。チャーチルとかドゴールの話が出た。何か質問されて、全然分からなかったので「勢いだからじゃないですか(適当)」と答えたら「違う違うそんなものじゃないんですよ」と全面的に否定の上、持論を展開された。俺何やってんだろう・・・。
 
 豊橋ぐらいから、ずーっとこの調子で話しかけられ、熱海ぐらいを通過したところで「ところでこんな本読んでるんです」と、A5サイズの本を出してきた。タイトルは「知の技法」(東京大学出版会)。東大教養学部の演習テキストなのだが、当時一般書籍としても話題になっていた本(僕は知らなかった)だった。女性はこの本についても、また詳しく説明しはじめた。

 この押しの強さ、確固たる自信、妙なインテリ・・・学者なのかどっかの会社のえらいさんなのかただの市民活動家なのか。東京に近づいた頃になって「私、最近退職して、今日挨拶しに行くんですよ」と教えてくれた。また出してくれた資料を見ると、外国(ドイツかスペイン)の在日商工会議所だった。よく分からないけど、すごいなと思った。本当によく分からないけど。

 東京駅に着き、女性と僕は別れの挨拶をした。握手をしながら「就職活動がうまくいくよう、健闘を祈ります」と言われた。
 結局この間、お互い名前も名乗らず、また連絡しますという話もなく、勿論これっきりの出会いだった。会社訪問前にかなり疲れてしまったが、今思えばアレで緊張もどこかに飛んでいったような気がする。
 毎回、あんな人の相手してたら「いやよく分からないんで」と寝たふりを決め込んでいたはずだが、それこそこんな出来事はこれっきりだった。なんの準備もなく相手されたからこちらも面食らったが、心構えさえあったら、色々聞いていたかもしれない。堅い話だけじゃなくて、音楽や外国の話など(そして今だったら熟女に関するFAQをギリギリまで聞くかもしれない。オバサン大好き)。
 

 先述の「知の技法」は、訪問の帰りに購入して、10ページぐらい頑張って読んだ。語るには何もかもが不足している。もう少しあの女性の話を聞いていればよかったかもしれない。
[PR]
by lidth-s-jay | 2011-07-02 23:26 | 学校全般

スマートかつ不便なもの

 大学に通うのが非常に苦痛だった頃がある。
 勉強が嫌だ、通学に時間がかかる(あとどこの学校も同じだと思うが坂が多い。辛い)、という理由もあるが、それに加えて困ったことがある。
 教科書が異様に重いのだ。

 高校ぐらいまでの教科書はカバーもペラペラだし、ページ数も知れている。ところが、大学で使うのは教科書というより、いわゆる専門書が多い。ハードカバーで、4cm近い厚みの本を、たとえば1日に3コマ分ぐらい授業があると、それを持っていくだけで手がだるくなる。
 さらに、クラスがはっきり分かれていて、自分の机があった中学高校と違って、常に教室移動を強いられる大学は、教科書をどこかに置いておくことが原則不可能だった。だから毎回持ち歩くしかない。

 そんなわけで、カバンの中は常にパンパン。リュックタイプにすれば多少楽になるが、満員の地下鉄では邪魔なので良し悪しだった。

 カバンに収まらないし、岩みたいに膨れ上がってかっこ悪い。そんな悩みをスマートに解決する道具が、あった。これだ。
c0004895_9184312.jpg

 ブックバンド。教科書を布ベルトみたいなので十字に縛って持ち歩く。教科書にそのまま巻きつけるので、それを持っているだけで、「大学生だ」「勉強してるっぽい」「なんかかっこいい」「コンパとかすんのかな」などと思われるのかどうか。とにかく、このブックバンドを使用する学生は多かった。
 僕もスマートさんになりたくて、緑色のブックバンドを持っていた。しかし・・・どうしても十字に縛ることができなかった。不恰好になって本がこぼれそうになった。しかも、カバンの中がすっきりしても、自分が持つ教科書の総重量が変わるわけではないし、手は塞がるし、雨の時は濡れてしまうから意味が無いし、で、機能性は非常に低かった。無理に2回ぐらい使って、すぐやめた。
 
 しかし、カバンがふくれる悩みは、教科書を持っていくのをやめたり、そもそも授業に出なくなったりで、根本的な解決を得たのだ。何か本末転倒的な感じもするが。ていうかあんな分厚い本3,000円前後するのがとっても勿体無い気がする。大学の売店にズラッと並んでいたが、大して使わないのに買わされて、詐欺じゃないのかと思った。

 iPadとかAmazonのキンドルみたいな端末が安く買える時代になったら、そんな心配も軽くなるんだろうな。iPadをブックバンドで持ち歩く天才が出てくるかも。
[PR]
by lidth-s-jay | 2011-07-02 23:25 | 学校全般

 学校の図書室(以下、図書館)にもいろいろ思い出があるが、そのうち借りた本の話をしたいと思う。


 高校に入ってまだ数ヶ月経過した位でも、結構図書館は利用していた。小学校の図書館と広さは変わらなかったが、棚の構成としては、絵本を含めた文学よりも、より実学的な本の比重が大きかった。専門書ではなく、中公新書とかブルーバックス、岩波ブックレットなど、わりと入りやすい教養モノが目立っていた。

 その中に、平凡社か新潮社のカラー図説モノで、フランス革命についての本があった。
 まだ授業で世界史は受けておらず、せいぜい現代社会で人権の歴史をやっていた頃かもしれないが、どうしてこの本を手に取ったのかは覚えていない。しかし、偶然ながらその中身の過激な内容に驚いた。
 そこには、革命前の王族貴族の連中が放蕩に明け暮れる絵画が掲載されていた。日本の春画みたいなグロテスクなものではなく、下手に品があって、しかし「これ絶対入ってるよね!!」という絵が並んでいた。もっともその辺は最初の章に数ページ載っていただけだが、一応芸術品だし変に黒塗りもできないしで、アレとかソレとかが堂々と出ていた。モロだし。
 一方高校生になったのに、相変わらず手持ちのエロ本はわずかで(みんな中途半端)刺激を求めていた僕には、このフランス革命の本がまさかの「オカズ度」の高い本だった。
 しかも、裏表紙に挟まれている「図書貸出カード」を見ると、貸出履歴の中に、同じクラスの女子の名前があるではないか。「これは・・・あの子もこの絵をみたのかなハァハァ」・・・まあ正直言って同じクラスとはいえ良く知らない子だったのでその辺が残念だったが、プラスアルファ効果は間違いなかった。
 
 ところが、これだけ盛り上げておいて何だが、その後僕がそのフランス革命の本を借りた覚えが、ないのだ。借りたかもしれないし、そうでもないような気がするし。躊躇したのは「俺様がこれを借りると、次に見たやつが『うわっこいつ借りてるよ!!』って思われたらどうしよう」という気持ちがあったのは、事実。
 今さら何を言うか、と思われるだろうが、今思い出した、この本はもともと僕が見つけたのではなく、他の男連中が「これ見てみろよ、すっげえヤラシイ絵がある」と教えてくれたのだ。
 そうなのだ、結局みんな発想が同じだから、そこから一抜けして借りてに持ち帰ることは、そんな簡単なことではなかったのだ。全く説明になっていないのかもしかして。
 

 その後3年間、僕は引き続き図書館でエロ探しを・・・するわけもなく、普通に本を探し、棚から本を抜き、借りていった。
 あの情熱は、今も消えたわけじゃないとはいっても、借りるか否かなどと苦悩する時代は、きっと来ないだろう。こんな些細なことでも、ちょっと衰えを感じずにはいられないのだ。
[PR]
by lidth-s-jay | 2011-07-02 23:25 | 男子・女子