Shinkansenも修行の場

 東京に行きたい
 新幹線に乗りたい
 それだけのために、1回に往復2万円近い旅費(自己負担)を払って就職活動をしていたことがある。東京の書店、1社に「企業説明会」「人事部訪問」「筆記試験」「1次面接」を受けに行った。全部、日帰り。結局最終面接の案内前に他社の内定が出て辞退することになり、多くの意味で徒労の多かった就職活動だったが、「でも新幹線乗れたし」と、あまり後悔することはなかった。きっとその頃は、就職活動期とはいえ余裕があったのだろう。


 2回目の人事部訪問で新幹線を利用した際、こんなことがあった。5月中旬のことである。

 名古屋駅から乗車し、席に座ってしばらく、僕はるるぶのガイドブックで地図を見ていた(訪問先は確か東京駅~銀座付近だったのでその辺を見ていたと思う)。
 すると、隣の席にいた、50代過ぎの女性が話しかけてきた。「東京へは旅行ですか?」
 いや、就職活動で、と、瑠璃カケス。あと二言三言で会話も途切れるのかと思ったが、女性はズンズン話しかけてきた。なんだこのオバサン。身なりはキチンとしていて、参観日に来る時のうちの母ちゃんみたいな格好。どちらかというとザマス系だが、嫌味な感じは、あまりしなかった。ただ、自分は神戸からやってきた、息子は日産自動車にいる、などなど、それ聞いてどうしたらいいのさと思う話を続けられた。
 「ところで今日の新聞読みました?」と唐突に聞かれ、「??」となっていると、朝日だか日経だかの真ん中ら辺の記事を出して見せてくれた(仮に新聞を読んでいたとしても絶対読み飛ばしているページだ)。内容は第2次世界大戦後のドイツの4カ国分割統治について。チャーチルとかドゴールの話が出た。何か質問されて、全然分からなかったので「勢いだからじゃないですか(適当)」と答えたら「違う違うそんなものじゃないんですよ」と全面的に否定の上、持論を展開された。俺何やってんだろう・・・。
 
 豊橋ぐらいから、ずーっとこの調子で話しかけられ、熱海ぐらいを通過したところで「ところでこんな本読んでるんです」と、A5サイズの本を出してきた。タイトルは「知の技法」(東京大学出版会)。東大教養学部の演習テキストなのだが、当時一般書籍としても話題になっていた本(僕は知らなかった)だった。女性はこの本についても、また詳しく説明しはじめた。

 この押しの強さ、確固たる自信、妙なインテリ・・・学者なのかどっかの会社のえらいさんなのかただの市民活動家なのか。東京に近づいた頃になって「私、最近退職して、今日挨拶しに行くんですよ」と教えてくれた。また出してくれた資料を見ると、外国(ドイツかスペイン)の在日商工会議所だった。よく分からないけど、すごいなと思った。本当によく分からないけど。

 東京駅に着き、女性と僕は別れの挨拶をした。握手をしながら「就職活動がうまくいくよう、健闘を祈ります」と言われた。
 結局この間、お互い名前も名乗らず、また連絡しますという話もなく、勿論これっきりの出会いだった。会社訪問前にかなり疲れてしまったが、今思えばアレで緊張もどこかに飛んでいったような気がする。
 毎回、あんな人の相手してたら「いやよく分からないんで」と寝たふりを決め込んでいたはずだが、それこそこんな出来事はこれっきりだった。なんの準備もなく相手されたからこちらも面食らったが、心構えさえあったら、色々聞いていたかもしれない。堅い話だけじゃなくて、音楽や外国の話など(そして今だったら熟女に関するFAQをギリギリまで聞くかもしれない。オバサン大好き)。
 

 先述の「知の技法」は、訪問の帰りに購入して、10ページぐらい頑張って読んだ。語るには何もかもが不足している。もう少しあの女性の話を聞いていればよかったかもしれない。
[PR]
by lidth-s-jay | 2011-07-02 23:26 | 学校全般 | Comments(0)