ヤン先生のこと(最終章)

 3学期は、淡々と過ぎた。

 2学期では毎日出していた生活ノートは、3学期の2月以降、提出数が減った。テストの成績は伸びもせず極端に落ちもせず(要するに少し落ちた)、部活もやる気が起きずで、2年生の中だるみが3学期になってようやく訪れた。そんな無気力な時期にはヤン先生とは向き合いたくなかった。
 
 無気力なのに、2年後期に生徒会の執行部などという名誉職をやってしまった私は、次期執行部選挙(3月選挙)にも無理やり出馬せざるを得なかった(成り行きでそうなった)。
 かつてヤン先生は私にクラス委員長をやらせたかったらしいのだが、ああいう嫌われ者になるよりは格上の割にやることの少ない生徒会に逃げておいた方がいいと思って、2年の秋にヤン先生に「執行部に出るから」と言い切った。いかんともしがたい表情を浮かべていたヤン先生の顔が印象的だった。
 そして3月選挙、執行部3役の一つに出馬したが、落選した。落選を知った時は「恥ずかしかった」という気持ちでいっぱいだった。


 その後、生活ノートに「壁があるならぶち破る勇気が欲しい」といった内容を書いて提出したら、ヤン先生からこんな答えが書かれていた。
 
「壁をぶち破る、その後に何があるかを考えてお前は走っているか?姿形にとらわれてその中身をちゃんと見ていないんだろ?」

 ああ、言われた、と思った。そう、私はいつも「見てくれ」だけの姿を憧れていた。無理やり選挙に出た、と前述したが、結局は「生徒会執行部」という名前に憧れていた、ただそれだけだった。
 ただ、この時はその意味の真意を受け取ることができず、ただ黙って残りの日々を過ごした。


 「もう担任3年目は勘弁してくれ」の意味で最後の生活ノートに「ありがとうございました」とでかでかと書いた。そして最後にヤン先生から貰った通知表には「レールがないのなら自分でレールをつくれ。しっかりやれよ!」と、返事が書かれていた。
 そして、3年生となり、担任は赴任したばかりのクラミ先生に代わった。





 が。
 この3年のクラスはかなり崩壊しており(後述)、特に役職ナシの私はお構いなしに部活とかオナニーに狂っていた。
 それをみかねたのか、なぜか隣のクラスの担任だったヤン先生に拘束され「お前あのダメ教師に代わって何とかしろよ」と急所蹴りを食らった。そういえば、ヤン先生のクラスの方が悪い奴ばっかりだったのに、妙なまとまりがあった。先生の差か・・・と。認めたくはないけれど。
 一方で3年の9月、クラミ先生と一部クラスメイトに担ぎ出されて9月選挙で生徒会長選への出馬を決めた私は、職員室で出会ったヤン先生に「本当に出るのか」と心配そうに言ってきた。戸惑いが分かったのだろうけれど「まあ、お前の意思ならいいけどな」とさらに揺さぶりをかけられた。あの時、ヤン先生に先に相談でもしておけばよかったと、かなり後悔している。



 そして1989年、平成元年3月末。卒業式も受験も終わり、先生の離任式に出席した。その中にヤン先生の姿があった。
 先生は最後の言葉で惜別とか思い出を語る代わりに「後ろにいる連中(卒業生)みたいに、卒業したら髪を立てたり変な格好するのは見習わないように」と、最後まで毒気を吐いていた。
 
 離任打ち上げでPTA関係の手伝いをしていた父が、出向く際に「お前ヤン先生に何か餞別渡さなくてもいいのか」と言ってきた。考えもしなかったが「じゃあ、なんかあげといて」と答えた。父は車のプラモデルを買ってヤン先生に渡したらしい。



 ヤン先生は1年生を担当していた1986年、昭和61年当時25歳だったらしいので、もし無事に勤めていたら今はもう主任級か下手したら教頭ぐらいになっているかもしれない。3年生のクラスは楽しそうだったので、きっと何度か同窓会などもやっているだろう。
 
 最後の1年だけヤン先生のクラスで、というのがよかったなあ、と思った。
 最初の2年ってのは、ちょっときついわ。 
                                       (おわり)
[PR]
by lidth-s-jay | 2005-04-30 20:40 | ヤン先生専用