ナマモノ部ときどき波乱万丈(1)生物偏差値33

 高校の部活動についてはこのブログでも紹介している通り、高校2年からウタゴエ部(コーラス)に入っていた。
 実は、ウタゴエ部以外にも私、瑠璃カケスが参加していた部活があった。全然衝撃的でもない事実。
 ナマモノ部。生物部である。



 2年の秋、ウタゴエ部のナカイ先輩(3年)に「ナマモノ部に入ります」と伝えて迎えられた。ナカイ先輩はナマモノ部の部長でもあったのだ。
 そもそもナマモノ部は2年の担任であるジータ先生が顧問だった。当然、理科授業の生物科目も担当。
 そして私は生物が大の苦手だった。当時一応国公立への進学も諦めていなかっただけに、なんとかしないと・・・的な気持ちから、まずはナマモノ部に入って興味を持って、そこからボトムアップを図ろう、と本気で考えていた。
 甘かった。生物準備室に入り浸っても、生物の成績は下がる一方だった。それどころか赤点ラインがくっきり見えていた(まあそこは担任だったから難を逃れたが)。

 部活動といえば、これまた何もしていない。部長のナカイ先輩ですら、単に遊びに来ているだけに見えた。他にも先輩がいたはずだが、全く顔を知らなかった。同学年はゼロ。1年生の後輩(・・・になるのか?)が2人。何もしていない。日曜も遠征とかで扱き使うウタゴエ部とは真逆な活動ぶりであった。
 なので、瑠璃カケスは、1週間も通うことなく見事な幽霊部員となった。ジータ先生からたまに声をかけられた気もするが、生物の成績がひどすぎて、生物準備室すら怖い存在になって、そのまま2年生は終わった。


 そして、3年の春。何を思ったか、瑠璃カケスはナマモノ部の活動を再開した。(続く)
[PR]
by lidth-s-jay | 2012-05-19 17:36 | クラブ活動 | Comments(0)