子供の頃滅多に食えなかったもの

 外食に対して消極的な家庭で育った為、ちょっとしたものでも喜んでいた私だが、そのレベルはきわめて低い。
 ゴタクはもういいや、羅列するか。

・日清カップヌードル
 冬場のスケートリンクで食うのが最高の贅沢だった。
 あの肉が、肉がたまらない。あんなしょぼいのに、あの肉が。
※2007年6月17日、長文で熱く語りました。

・とりあえずハンバーガー
 マクドナルドなんて半径50km圏内にはなかったんだから。
 あ、ロッテリアがあったけど不味いから、と食わせてくれなかった。
 モスバーガーはなんかのニセモノだと思ってた。
 町にあるバーガーショップはヤンキーの溜まり場で近づけなかった。すぐつぶれたし。

・ラーメン屋のラーメン
 小学3年だったと思う。同級生がこぞって「ラーメン屋に行くぞ」と決起した。
 しかし「大人同伴じゃない外食はダメ」というあるようなないような規範に縛られていた私は
 店に入ったものの注文できず、週刊プレイボーイのグラビアをチラ見していた。
 ちなみにこの店が親戚の経営だったことに後年気づいた。

・自分で作るタマゴ焼き
 これすらダメだった。滅多に食えなかった。火を使うものは×だったのだ。チクショ(泣)
 なのでこっそり作って(形は滅茶苦茶)食べた時の味は忘れられない。忘れたけど。
 タマゴの数が減っているので後で怒られたこともあった。未だに恨んでいる。忘れられない。

・ハム
 ハムすらダメなんだよ我がクソ貧乏家庭。朝飯のオカズにぐらいのせてほしいのに。
 まあつまみ食いであるわけで、そりゃこっちは怒られるかもしれない。たかが1枚でも。

・味の素ごはん
 滅多に食えないというより、一生で1度きりの蛮行であるが、味の素だけふりかけて飯を食った ことがある。
 不味かったけど、美味かった。でも不味かった。思い出すだけで舌が死ぬ。

・・・

 今でこそ大人になり、コンビニも外食にも隔てなく行くようになった、まさに「飽食の時代」を謳歌しているわけだが、ダメだな。初心忘れるべからず。タマゴ焼きで休日を楽しめるぐらいの気持ちを、もう一度。
[PR]
by lidth-s-jay | 2005-07-14 23:14 | 小学校専用