センター試験というスパーリング

 センター試験1日目の今日、各所で雪まみれだったそうだが、受験生は無事たどり着いたのだろうか。遅れたりしたらそれだけでパニックだろうし、会場が寒ければ集中力も欠いたり風邪ひいたりでは、せっかくの努力も台無しだ。運も実力のうちとは言いたくないのだが・・・。
 縁起悪いことばかりではいけないが、受験生のみんなもベストを尽くしつつも「2次で挽回だ」「オレは私立でも」「まあまた来年」「学校なんかより社会の方がよっぽど勉強だ」ぐらいの、それぞれのおおらかさを大事にしてほしい、と思った。

 



 1992年(平成4年)1月。高校3年の私もセンター試験を受験した。

 3年生になってからは英・国・社、私立文系三教科だけの勉強しかしていなかった私だが、三教科のみで受験できる国公立大学もあったし、何よりいきなり私立を受けるよりは、センター試験で、ボクシングの試合ぽく「スパーリング(兼・運試し)」を受けたほうがいいだろう、そう思い、国公立受験組に混ざって会場へ向かった。
 会場は地元から電車・バスを乗り継いで1時間半近くかかる岐阜市の長良高校。なんでこんな遠い場所で受験しなきゃならんのだ・・・しかし山奥の受験生は前泊だとか。やれやれ・・・。
 満員のバスに揺られつつ。天候は両日とも快晴だった。

 現在の試験もおそらく同じだと思うのだが、一番手は「外国語(英語)」。殆ど全員の受験生が挑む教科。そして一番傾斜配点の度合いが高い。いきなりの試練である。
 「本試験」ではなくても、「全国50万人近い受験生が一斉開始、という瞬間・午前9時」。それまで余裕ぶっこいてた心臓が警鐘を鳴らす。手の震えが止まらない。いきなりスタートダッシュでつまづいた。最初の3分は何がなんだか分からないままマークシートを塗りつぶす。自己採点用に問題用紙にもチェック、その「作業」。
 この日は英語だけで終了して帰宅。中途半端な手ごたえゆえ、何と言っていいものか。
 
 家に帰り、夕方ラジオで流れる解答速報を聴いてまた緊張する。さっさと明日の国語と日本史の対策をすればいいのだが、気が気でなかったのだ。正答率はやっぱり予想通りで目標以下。あーあって感じだった。
 次の日の2教科も「よくもなく悪くもなく」。ただ「とりあえずの国公立受験校」は変更せざるを得なかった。とてもボーダーラインに届かなかったからだ。本試験じゃない、とは思っていた割には「公開スパーリングで失敗・調整不足」というところで後味が悪かった。
 
 試験明け翌日の登校日、クラスの同級生、特に国公立組が「討死」、哀れであった。顔面蒼白。満足に点数を取ったのは1人だけだったような気がする。結局下方修正してみんな私立や2次試験に臨んでいった。リベンジ達成率は高かったような覚えがある。

 私はというと、極めて不合格圏にあった私立に合格したので国公立の受験はしなかった。センター試験というスパーリングの後に、なんとか「本番」で3-0の判定勝ちという感触で、受験の幕を下ろし花曇りのキャンパスへ向かっていった。
[PR]
by lidth-s-jay | 2005-01-15 21:49 | 高校専用