遠足のおやつ

 秋の遠足。
 春の「運動」型そのままではなく、おそらく「見学」型が多いのではないだろうか。私が小学生だった頃は遠足というより後者の代表格である「社会見学」であり、行政機関や企業、文化施設を回るという「スモール修学旅行」だった。
 社会見学の中身についても興味深いところではあるが、今回は題名の通り、おやつについて触れてみたい。だいたい遠足なんて弁当とおやつが目的の5割は占めるといって過言ではないだろう。
 


 c0004895_8215530.gif 先に述べておくと、個人的には 「バナナ」ネタはウンザリである。つまんない。あと全部うまい棒で量を稼ぐというのも、イマイチだと思っている。実際にやってるやつ多そうだし。
 現在の設定金額は200円~300円だろうか。もしそうなら昔(20年~30年前)とそれほど変わっていないのだろうか。
 
c0004895_8222315.jpg スーパーでは、この時期に安いお菓子をパッケージでうまくまとめてあるものを見かける。お菓子を選ぶ楽しみがない、かもしれないが、逆にチョイスに迷って失敗するよりはこういうパッケージは有難いと思う。結果的に駄菓子屋より安いし変なもの売られずに済む(はず)。駄菓子屋のアレは少々「在庫一掃セール」の匂いすら感じる。

 c0004895_8231117.jpgとはいえ、子供としてはやっぱり自由にお菓子を選びたいわけで、親御さんもお金を持たせて店に行かせて、子供たちがどんなのを買ってくるかも興味深いところであろう。
 しかし相手は子供、そこにあるのは確実に穴。「今食べたいもの」でアイスクリーム、グレーゾーンを越えてカップめんを買うバカ、ゲーセンで使い果たす、など。あとおやつを買っても遠足で食わずに全部持ち帰る賢者。確かにたかが遠足の短い時間で菓子300円分って結構量があって食えないだろうけれど。
 
 c0004895_8245421.jpg先述のうまい棒買いはともかく、同じものを買うという「非日常」も、確かに楽しみなのかもしれない。酢イカ串20本でもいいだろうしチロルやフェリックスくんガム30個もいいだろう。嫌だけど。ほかにも太郎シリーズで固めるとか。キャベツ太郎や玉葱さん太郎など。

 
 あと、おやつの設定金額って、結局先生が調べることはまずない筈なんだが、子供のほうは律儀に守るのがどうかと。怪しいやつがいたら「センセーこいつ200円超えてる~」ってチクッたり。本当にお菓子買うのもゲーム感覚だ、と思う。駄菓子屋の混雑パニックで泣き出したりと、もはやメインのはずの遠足は霞むばかりである。

 それでは夢の遠足お菓子イベントをお楽しみアレ。慰安旅行の大人連も。
c0004895_8254272.jpg

[PR]
by lidth-s-jay | 2006-09-27 08:31 | 小学校専用