廃墟と現在

 Webサイトでも「廃墟」関連を扱っていたり、廃墟についての本も出ていたりと、ブームとまではいかずとも、一時期、旧アパート・学校・ホテルなどの廃墟物件に注目が集まっていた。
 幽霊がどうとか仰るのはちょっと趣味ではないのだが、確かにボロボロになりつつも残骸が残っていたり、あるいは単に埃がかぶっているだけ、などというモノを目の当たりにすると、何かしら怨念が込められているのでは?という怖さは感じる。廃墟で肝試しぐらいならただのバカで済むけれど、カップルが性交に利用したりするという情報もあり、それこそ怨霊にとりつかれてしまえと思ったりする。
c0004895_19533629.jpg ところで、数ある廃墟の中で、現在の日本でも際立つ存在が、おそらく長崎の沖にある端島(はしま)、いわゆる「軍艦島」である。



ご存知の方も多いだろうが、軍艦島は炭鉱労働者とその家族が最大5,300人ほど暮らしていた半人工島で、1974年に炭鉱閉山、無人化した。建造物はそのまま風化し、島全体が廃墟となった。詳しくは軍艦島、で検索されると専用サイトなどが出てくる。
 この軍艦島が20年以上前、AC(公共広告機構)のCMで採用されたことがあった。使い捨てられた町の姿。ボロボロの体育館に置かれた空気の抜けたバレーボールが印象的だった。というかマジで怖かった。なにあれ・・・って感じ。ゴーストタウンと化した軍艦島の姿は恐怖心を植えつけるには十分過ぎた。怖いというか、泣きたくなった。泣いたかもしれない。
 
 軍艦島を遺産として残そう、という意見が上がっているらしい。賛成できない。むしろ解体してキレイにしてやるべきでは、と。ボロボロの廃墟が、骸(むくろ)のまま残る姿からは、悲しさしか見えてこない。
 では同じ廃墟で世界遺産となった広島の原爆ドームはどうなのか、と思うと返す言葉もないのだが、軍艦島も原爆ドームも歴史の教訓を遺すという意を理解できないのも本音だ。美しいものばかりの世の中は虚偽だ、と分かってはいるものの、正面からこの世界の多面性を受け入れることができないでいる。
 
 本当は小学生の頃の「廃墟探検」の話を書こうと思っていたが、こうやって書いているにつれ、そんな「甘酸っぱい思い出」のことを忘れてしまっていた。その件は日を改めて綴りたい。
 記憶が風化しないうちに、できるだけ早く。 
[PR]
by lidth-s-jay | 2004-12-11 19:54 | 瑠璃カケスの鼻糞