C―C―Bが16年ぶり復活ライブ

スポーツ報知より全文転載。





 「Romanticが止まらない」の大ヒットなど、1980年代に活躍したロックバンド「C―C―B」が今夏、16年ぶりの復活ライブを行うことが20日、分かった。メンバーのCM出演をきっかけに23日には50万枚のヒットとなった「Romantic―」を約20年ぶりにシングル発売する。すでにメンバー全員が40歳を超えているが、往年のトップアーティストらしい派手な復活劇を見せてくれそうだ。

 ど派手なルックスとポップなサウンドで80年代の音楽シーンを彩ったC―C―Bが復活する。

 関係者によると、ベース・渡辺英樹(45)、ドラム・笠(りゅう)浩二(42)、ギター・関口誠人(45)、ギター・米川英之(40)の4人はすでに再結成に合意しており、夏に復活コンサートを行う計画を進めている。ヒット曲を網羅したお祭り的なライブになるという。なおキーボードの田口智治(44)は演奏旅行で全国を回る日々を送っており、参加は未定という。

 再結成の話は、21日から放送されるアサヒ飲料の缶コーヒー「ワンダ ショット&ショット」のCMから持ち上がった。コンビニ店員に扮(ふん)した笠が、当時一世を風靡(ふうび)した独特の高音ボーカルで「Romantic―」を歌うもので、23日にはCM用の新バージョンと当時の曲の両方が入ったシングルが発売される。当初はCM限定のリバイバル企画だったが、これを機に他のメンバーからも再結成を望む声が出始め、16年ぶりの復活が決まった。

 C―C―Bは82年に3人で結成。85年に「Romantic―」がTBS系ドラマ「毎度お騒がせします」の主題歌に起用され、約50万枚のヒットとなった。その後もヒットを連発し、歌番組の常連となったが、89年10月に解散。その後はソロでも音楽活動を続けていたが、5人がそろうことはなかった。

 すでにメンバー全員が40歳代に突入。渡辺が家業の米穀店を継いだり、笠が地元の熊本で会社を経営するなどすっかり“大人”になっているが、関係者によると、再結成に大張り切りだという。現時点では夏のコンサートと「Romantic―」のシングル発売以外は決定していないが、盛り上がれば本格的な活動に発展する可能性もある。

 ◆C―C―B(しー・しー・びー)渡辺、笠、関口の3人でココナッツ・ボーイズとして82年に結成し、84年に田口、米川が加入。85年「C―C―B」と改名し、「Romanticが止まらない」がヒットした。87年に関口が脱退し、89年10月の日本武道館公演で解散した。

◆「WY」活動中

 バンド解散後は「ザ・グッバイ」にも参加したリーダーの渡辺は、現在家業の米穀店を営みながら、米川とのユニット「WY」で音楽活動中。笠も会社経営のかたわら、バンド「AREX」を率いて活躍している。関口はソロ活動のほか、文壇デビューを目指して、純文学小説を執筆中。また、田口はピアニストとして全国を演奏旅行している。


**************

・・・・みんなオッサンになったもんですね。シンセドラムが懐かしい。
全農のCMに出てた頃のCCBとか知ってる人いるんかな。
私は「スクールガール」が好きでした。


c0004895_1252752.jpg


ああ、匂うなあ。
[PR]
by lidth-s-jay | 2005-02-21 12:54 | 音楽・芸能 | Comments(0)